2018年04月22日の独り言

2018.04.23 Monday 03:30
0
    21:16
    新しい環境の新しい挑戦 | ぷ〜さんの独り言 https://t.co/Z5CcS2Hh3d
    21:10
    新しい環境の新しい挑戦 https://t.co/Z5CcS2YRUL #jugem_blog
    category:- | by:ぷ〜さん | - | -

    新しい環境の新しい挑戦

    2018.04.22 Sunday 21:10
    0

      あまりの忙しさにSNSの更新さえできない毎日です。

      4月の異動であま市立美和中学校へ異動となりました。

      教務主任という新しい立場の仕事は分からないことばかりで

      職場の仲間たちに迷惑をかけてばかりですが、

      本当に素晴らしい仲間たちで、助けてもらってばかりです。

      2年ぶりの中学校はやはり素敵で、

      どんなに忙しくてもやっぱり中学校がいいなあと再確認。

       

      さて部活はと言うと…。ソフトテニス部の副顧問。

      しかし、始まって3週間で中学のテニスコートに立てたのは数十分程度。

      運営方針、練習のほとんどを若手の主顧問に任せてあります。

      部活縮小の波どころか、自分の仕事が手一杯でそこまでたどりつきません。

      WinMi地域ソフトテニスクラブは継続。

      たくさんの人の想いと、願いを背負っているクラブは潰せれません。

      平日ナイターはしばらくの間はお休み。(いつか復帰したいですが)

      土日の活動のみですが、なんとかやっていく予定です。

      勤務校の美和中の生徒も数名加入し、津島市を中心に

      海部地区だけでなく、県内外から選手は集まってきており、

      部活の縮小と反比例して、クラブの需要は増えているのを実感。

      学校の垣根を超え、学校の教育活動を超え、

      新しい教育活動の場だと信じ、悩みながら苦しみながら挑戦をしています。

      伝えたいことは今でも変わらない。「心を鍛え、心を育て、心で育てる」。

       

      4月は環境の変化が大きい時期でもあります。

      WinMiの子どもたちも同じです。小学校勤務だった僕ができたことと、

      中学校勤務に変わった僕ができることは違い、不安は募るばかり。

      勿論、勤務先の子どもたちも顧問が変わり、環境が変わる。

      僕自身も早朝から遅くまでの激務と途方もない仕事の山と、

      大好きなテニスの指導との両立の難しさとの闘い。

      それぞれがそれぞれの立場で環境が変わり、求められることが変わり、

      それでもやりたいことがあり、夢を追いかけることを諦めたくなくて、

      自分ではどうしようもない運命のいたずらを恨みながら、

      唇をかみしめ、吹き飛ばされないように踏ん張り、歯を食いしばる。

      とくに中学生という多感な時期は、どうしていいか分からない自分の心に

      押しつぶされそうになりながら、環境の変化に翻弄されているのだろう。

      それでも人は新しい環境で、新しい挑戦をしていく。

      僕も同じだ。少しだけ頭の中で描いている新しい挑戦がある。

      もう少し形を描くことができたら、発信していこうと思っている。

      環境には流されない。そんな強がりを口にしながら、歯を食いしばろう。

      category:日日雑感 | by:ぷ〜さんcomments(0)trackbacks(0)

      2018年04月15日の独り言

      2018.04.16 Monday 03:30
      0
        09:22
        なんだこの忙しさ
        category:- | by:ぷ〜さん | - | -

        2018年04月09日の独り言

        2018.04.10 Tuesday 03:30
        0
          22:00
          素敵な #社会人 になろう。 101%の #付加価値 をつける。 #伝える #独り言 https://t.co/UOUfL4MoeU
          category:- | by:ぷ〜さん | - | -

          2018年04月07日の独り言

          2018.04.08 Sunday 03:30
          0
            21:38
            久々の独り言。あー忙しー。 https://t.co/jufC2sqJnb
            category:- | by:ぷ〜さん | - | -

            2018年04月04日の独り言

            2018.04.05 Thursday 03:30
            0
              03:58
              仕事が追いつかなーい(笑)。このキャパの小ささに嫌になっちゃうわ。ブラックかって?いや大好きな現場で、責任のある立場で、頑張れるって幸せじゃね。 https://t.co/NlvvaM4fqA
              category:- | by:ぷ〜さん | - | -

              2018年04月03日の独り言

              2018.04.04 Wednesday 03:30
              0
                06:17
                おはようございます。 2日目出勤にして一番乗り(笑)。早く帰る為に朝仕事。頑張りまーす。 https://t.co/o0RzVvlwEb
                category:- | by:ぷ〜さん | - | -

                2018年04月02日の独り言

                2018.04.03 Tuesday 03:30
                0
                  22:15
                  2年ぶりの中学校勤務。この仕事の忙しさ感が久々で、初日からバタバタ。いやー嫌いじゃない(笑)
                  07:44
                  昨日の楽筆会で僕の大好きな後輩が書いた素敵な言霊。何度見ても素敵すぎる言葉だ。 #新発売 https://t.co/l6obE37aDD
                  category:- | by:ぷ〜さん | - | -

                  2018年04月01日の独り言

                  2018.04.02 Monday 03:30
                  0
                    18:42
                    今日は新年度に先立ち、久々に「先生たちの独り言」楽筆会を行いました。ひとつのお題で好きに書く。先生たちの素敵な感性に触れる機会です。いろんな感性に触れるといろんな感性が広がる。いつも楽しく、深イ… https://t.co/iyZ67wVk2l
                    08:09
                    リ・スタート https://t.co/YeJo4r8mDD
                    08:09
                    リ・スタート | ぷ〜さんの独り言 https://t.co/YeJo4qQLM5
                    category:- | by:ぷ〜さん | - | -

                    リ・スタート

                    2018.04.01 Sunday 08:07
                    0

                      16年の中学校での勤務を終えた2年前。

                      はじめて小学校へ配属されたのは希望ではなかった。

                      この2年間で僕が小学校へ残せたものは、ほとんどない。

                      そもそもそこで働く後輩たちは、小学校教師としての先輩で。

                      授業も、行事も、普段の関わり方も、すべてが初めてで。

                      アドバイスできることもなく、

                      なんだかひたすらカギと、ハナと、ゴミと格闘した校務主任。

                      あまりの無力さに申し訳ない思いしかない。

                       

                      一方、この2年で僕が得たものは数えきれずある。

                      中学校勤務時代。どうやら僕はかなりの天狗だったようだ。

                      4月新入生を迎えれば、未熟な新入生を見ては

                      「小学校の先生は何やってんだ…」って上から目線。

                      この3年間で俺が変えてやる!なんて勘違いも甚だしい思い。

                      小学校へ勤務して大きく変わったことは、

                      小学校の先生たちへのリスペクトと感謝。

                      ほとんど全教科の授業を教材研究しながらの毎日の授業。

                      板書ノートを用意作り、教え方を相談しながら、

                      毎時間のように小テスト添削とノート点検。

                      休み時間は子どもたちと運動場で遊びに付き合う。

                      それと同時に基本的な生活習慣のしつけと集団生活を教え、

                      保護者の方との連絡は本当に丁寧で、僕には到底できない。

                      今でも覚えている。

                      2年前はじめて補欠で入ったのは1年生の給食指導から補欠授業。

                      「トイレいってきまーす」と次々と立ち上がり、

                      1時間全員が座席に座っていることがないくらい(笑)。

                      あれはまさしく授業崩壊でした。

                      それでも担任の先生が前へ立てば、あのちびっこギャングたちは

                      ピシ―っと授業を受けている。僕のプライドなんて粉々です(笑)

                      そうやって振り返ると小学校6年間で見違えるように育ち

                      中学1年生として入学してくるあの子たちの成長は

                      小学校の先生たちの想いと努力の奇跡の結晶。

                      僕たち中学校の教員はそんな小学校の先生たちの想いを

                      リレーのバトンのように引継ぎ、義務教育3年間という

                      最後の直線を大切に、そして大胆に走らせてあげないといけない。

                      そんな風に思えるようになったのは、この2年間のおかげ。

                       

                      それからもうひとつ。

                      16年間生徒指導の最前線で腕を組み、眉をひそめ、

                      子どもに乗り越えられないように踏ん張ってきた僕だが、

                      はじめての特別支援コーディネーターという役割をさせてもらい

                      子どもたちを違う目線で見ることができるようになってきた。

                      それは特別支援的な目線がよくて、

                      生徒指導的目線がダメということではない。

                      ただ一人の子どもを一人の人として見ることの大切さ。

                      得意なことや、苦手なこと、できることや、できないこと、

                      そんな凸凹を誰もが持っているという当たり前のことを前提に、

                      子どもにとってよりよいアドバイスをしていかないといけないってこと。

                      教師が子どもをなんとかしてやるんではなくて、

                      子どもがなんとかしようとすることを教師が支えてやること。

                      そんなことも大事なんだよなーと少しだけ思えるようになってきたのも、この2年のおかげ。

                       

                      この2年で得たものはそれ以外にもいっぱいある。

                      やはり子どもたちに教えられ、周りの先生たちに教えられた。

                      何もできない校務主任を温かく迎え入れ、

                      なんも役に立たない僕に温かい声をかけてくれた、

                      子どもたちと先生たちには本当に感謝しかない。

                      さて今日からリ・スタート。新しい僕のはじまりだ。

                      この2年が僕を成長させてくれたことを証明できるよう頑張ります。

                      僕はできないことがやまほどある。

                      でも僕には僕にしかできないことがある。そう信じて全力疾走です。

                      category:オモイ | by:ぷ〜さんcomments(0)trackbacks(0)

                      Calender
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      Recent trackback
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM