新しい道と覚悟

2019.03.03 Sunday 22:04
0

    中学ソフトテニスにおける社会体育クラブ活動というのは

    まだまだ日が浅く、今までの中学ソフトテニスというのは

    ほぼ「部活」としての活動であったと言っても過言ではない。

    社会体育としての中学ソフトテニスというのは、まだまだ実績がない。

    野球やサッカー、近年におけるバスケの改革には程遠く、

    いまだクラブと言っても、最後の目標は中学校総合体育大会である。

    この過渡期に地域スポーツクラブとして産声をあげたWinMi。

    年々、クラブの選手や保護者の目標や思いによって形が変わる。

    どこに落ち着いていくのかは僕自身、想像もつかない。

    それでもソフトテニスというペアスポーツを通して、

    努力し、悩み、苦しみ、喜びながら中学生が成長していく。

    それだけは変わらないと信じている。

     

    前にも述べたが、最終目標は夏の中総体。

    同じクラブで努力した仲間は、最後はライバルになる。

    3年生進級を目の前にして、学校単位で最後の夏を迎えるべく

    WinMiを離れる決断をした学校の選手たちもいる。

    ここまで2年近く、一緒になってきた仲間たち。

    さみしい思いがないわけではないが、それも覚悟。

    残り4ヶ月。お互い後悔しないようにやりきろう。

    それと同じくして、新しく仲間に加わろうとしている選手もいる。

    小学生のときジュニアとして頑張ってきた選手もいれば、

    はじめてラケットをもつ小学生や新入生たち。

    また新しいWinMiの歴史を創っていく未来の選手たち。

    やはり別れは、新しい出会いなんだあとつくづく思う。

     

    部活であろうと、クラブであろうと、個人であろうと。

    努力し、悩み、苦しみ、喜びながら過ごした日々は、

    成果は約束されないかもしれないが、必ず「成長」する。

    そう信じ、これからもWinMiは活動を続けていく。

    category:日日雑感 | by:ぷ〜さんcomments(0)trackbacks(0)

    阿吽

    2019.01.25 Friday 22:21
    0

      ”阿吽”か”以心伝心”か。

       

      時間を共有していると、少しずつ…。

      なんとなくお互いの気持ちが分かる瞬間がある。

      もしかしてそれは時間に比例するのかもしれない。

      昔は月曜日から日曜日まで、朝から晩まで一緒にいた。

      子どもたちは敏感に顧問の心を感じ、

      「やべぇ、怒らせたな」とか「今日はマズイな」とか。

      それと同じように、僕も子どもたちに敏感で、

      「今日は調子悪そうだな」とか「何かあったな」とか。

      言葉にしなくても、表情に出さなくても、隠していても。

      なぜか妙に敏感に分かってしまうことが多々あった。

       

      最近はクラブがあるとはいえ、一緒にいる時間は減り、

      毎日毎日のたった1時間程度の部活の重要さが身に染みる。

      気づいて欲しいことが、なかなか気づいてくれなくて、

      伝えたいことが、なかなか伝わらなくて、心が折れる。

      でもそれは同時に逆のことも言えるのだろうなとも思う。

      子どもたちの気づいてほしいこと、伝えたいことを

      ちゃんと受け取ることもできなくなっているのだろうって。

       

      監督と選手。どれだけ気持ちを近づけるか。

      category:日日雑感 | by:ぷ〜さんcomments(0)trackbacks(0)

      夢をつかむまで。〜池田一葉さん〜

      2019.01.23 Wednesday 21:51
      0

        人生はびっくりするくらい急展開に動き出すことがある。

        今年の1月2日、人生初のシルクドソレイユを嫁と見に行った。

        その世界最高峰のエンターテイメントショーに圧倒された。

        それから、かくかくしかじか…。

        1月14日にはキュリオスの舞台裏に招待して頂き、

        そして1月22日。夢のような企画が実現した。

        池田一葉さんが好意で美和中学校にて特別講演会をして頂いた。

        (キュリオス日本公演唯一の日本人パフォーマー「クララ役」)

        超多忙を極める中、貴重なお休みの日にボランティアで。

         

        あの日、あの時、あの場所にいた子どもたちだけの特別な思い出。

        とても話し上手で、分かりやすく、心に響くお話でした。

        話の内容はあえて内緒です(笑)が、ひとつだけ。

        ハンバーガーとサンドウィッチの話。

        ある時、お腹をペコペコ減らした人が、

        どうしてもハンバーガーが食べたくて、

        探して探して街を歩き続けるが、

        結局ハンバーガー屋は見つからず、がっかりしていた時、

        そこにサンドウィッチ屋を見つけた。

        仕方なくサンドウィッチを食べることにしたが、

        そのサンドウィッチは今まで食べたことないくらい

        とても美味しいサンドウィッチだったって話。

        欲しいものを一生懸命、努力して追い求めていたら、

        ソレは手に入らないかもしれないけど、

        人生にとって大切な何かを見つけることができるって。

        この話を聞いたとき、以前同じように

        ボランティアで来ていただいた羽衣国際大学教授で

        タレントのにしゃんた氏が話してくれた

        「セレンディピティ」のことを思い出した。

        日本語でうまく訳せない偶然幸福発見能力とでも言おうか、

        なんだか一流の人間は同じことを感じてるんだなあって。

         

        「行動する」ってことは人生が動くきっかけとなる。

        それが正解かどうかは、動いてみなければ分からないが、

        何もしないよりは、したほうがずっとマシだ。

        今回も僕の無謀な情熱が、人を巻き込んで現実となった。

        時に人に迷惑をかけたり、困らせたり、困ったり…。

        それでも勇気を出して行動することで、

        人生はびっくりするくらい急展開に動き出すことがある。

         

        あの日、舞台でキラキラ輝いていたクララの素顔は、

        舞台以上にキラキラ輝いていて、素敵でカッコいい女性でした。

        本気で生きてる、本物の人は羨ましいほどにカッコいい。

        いつかそんな風にカッコよく生きれたらいいなあ。

        category:日日雑感 | by:ぷ〜さんcomments(0)trackbacks(0)

        言葉のチカラ

        2019.01.10 Thursday 21:53
        0

          僕はよく勘違いされるが数学教師だ。

           

          教え子たちには「道徳の先生じゃなかったけ?」と言われ、

          普段を知らない人からは、国語の先生と間違えられる。

          「独り言」を書いたり、「書」を描いたりしてるからだろう。

          でも実は、意外かもしれないが、

          「独り言」は5年前、学年主任になってから、

          「書」は2年前、はじめて小学校に勤務になってから

          書き始めた、まだまだ歴史は浅いものなんです。

          でも、書き始めてから間違いなく”言葉”へのこだわりが増した。

          自分のアウトプットする”言葉”にも気を遣うようになったし、

          耳や目からインプットする”言葉”にも敏感になった。

           

          担任時代ずっと生徒指導を任されてきた。

          腕組みをし、仁王立ちをし、大きな声で威嚇してきた。

          なめられてたまるかと、しかめっ面をして、

          部活では大きな声で怒鳴って、叱ってばかり…。

          寄せ付けないように雰囲気を作っていた時期もあった。

          しかし、いろんな失敗をして、いろんな出来事を経て、

          厳しさは形を変えていったような気がする。

          (もちろん今でも厳しいですけどね(笑))

          言葉で励まし、言葉で慰め、言葉で支える。

          ”言葉”は誰かをそっと支えてくれるし、癒してくれる。

          そして”言葉”は自分自身を励ましてくれる。

          まだまだ言葉にもてあそばれていることも多いが、

          それでも今は、”言葉”のチカラに魅せられている。

          そしてまだ底の見えぬ、”言葉”のチカラを信じている。

          category:日日雑感 | by:ぷ〜さんcomments(0)trackbacks(0)

          仕事を遊ぶ。

          2019.01.07 Monday 21:45
          0

            2019年。学校初日。

            東の空がオレンジ色に色づく頃、出勤した。

            世の中は部活自粛だ、働き方改革だ、なんだと騒がしい。

            僕も数年前、学年を離れた頃から、

            なんだか拗ねながら仕事をしてきた気がする。

            なぜだか分からないが、今年は新しい予感が。

            今まで眠っていた、僕の中の企画心が動いている。

            自分の中のアイツが何かを企もうとしている。

            久々に眠っていた、僕らしいアイツが動こうとしている。

            子どもたちのために、そして自分のために、何をしようか。

            少しだけ頭の中に企画が形になっていく楽しさ。

            実現できたらいいなぁと思うことを、形にする面白さ。

            さぁ、やっちゃうぞ。

            僕らしい、僕しかできないあんなこと。こんなこと。

            心が心を動かす。そんな感動を求めて、今年は楽しむ。

            うーん。久々に朝焼けが綺麗に見えた。

             

            大人が本気で遊べば、仕事になる。

            多忙なんてくそくらえ。

            忙しかろうが、時間がなかろうが、やりたきゃやる。

            忙しさを言い訳にするようなもんは、

            そもそもやりたいことには入らない。

            人生を退屈にさせるのは自分自身だ。

            仕事に追われるのはまっぴらだ。

            どうせだったら仕事を本気で遊んでやる。

            2019年。MIZUNO'S challenge 始まる。

            category:日日雑感 | by:ぷ〜さんcomments(0)trackbacks(0)

            表現する者

            2019.01.03 Thursday 20:09
            0

              2日には念願だったシルク・ド・ソレイユの公演

              ー KURIOS(キュリオス) ー を観てきた。

              人は誰でも好奇心をもっている。

              好奇心から物を集めたり、調べたり、明したり、発展したり…。

              好奇心をもってものを見ることで、世界は無限の可能性をもつ。

              骨董品だと思っていたものが、価値のあるものになるかどうかは、

              そこに好奇心があるかどうか。

              そんな難しいコンセプトなんて分からなくたって十分楽しめる。

              アクロバティックな技に魅了され、その美しい演出に感嘆が漏れる。

              音楽、演出、空間、そして圧倒的な人並外れた技。

              単なる大道芸には収まらず、世界最高級のエンターテイメントだ。

              映画「ボヘミアン・ラプソディー」に引き続き文化芸術に感動した。

               

              実はこのシルク・ド・ソレイユには日本人が何人も活躍している。

              キュリオスにも日本人が何人か活躍している。

              メインキャラクターのクララを演じる”池田一葉”さんもその一人。

              先日、Instagramでキュリオスのことを投稿したら、

              池田さんから「いいね!」を押してもらいました。

              (ちなみに何人かの出演者の方からも「いいね!」が!すげぇ)

              そこでDMを送ったら、なんと超忙しいの返信までくれました。

              面識もなく、どこの誰だか知りもしない僕にメッセージを!(感激)

              やはり世界的な一流の人は、こういうところが素敵だなぁって。

              一人一人のファンを大切にするってところが、本当に素敵です。

              名古屋公演もあとわずか、素敵な感動を届けに、頑張ってください!

               

              さて、一夜明けて午前は少しだけ仕事をしに学校へ。

              お昼は可愛い教え子とランチをした。

              名古屋まで日本料理を食べに出たのだが、混み過ぎて断念。

              戻ってきて結局、地元おすすめの大澤屋さんへ(笑)

              彼女は学年主任時代の教え子で、バレエを習っていた。

              学校外で頑張っている子を少しでも応援したくて、

              なかなか行けないのだが、都合がつけばそんな教え子の、

              発表会や試合を応援に行くことにしている。

              彼女のバレエも何度か観に行かさせてもらっている。

              その度に、一所懸命頑張る彼女の姿に何度も励まされた。

              今回、彼女が海外留学に行くことになったらしい。

              この先、どうなるかなんて誰にも分らないが、

              バレエの演者として成功するかどうかじゃなく、

              たぶん人生にとって大きな出来事になるはずだ。

              誰もが経験できることじゃないんだから、

              大いに悩んで、大いに楽しんで、大いに感動してきて欲しい。

              「一所懸命頑張っていれば、そこから人生は開けていく。」

              また、彼女に教えられた気がした。素敵な教え子にまた感謝。

              しばらく会えないが(って今までも卒業してから会ってないけど)

              次、会うときはまたもっと素敵な女性になってるんだろうな。

               

              MIZUNOチルドレンたちが、いろいろな場所で頑張ってるのに、

              MIZUNOが頑張らないわけにはいかないでしょ。

              僕は何を表現しようか。何を伝えようか。よし頑張ろう。

              category:日日雑感 | by:ぷ〜さんcomments(0)trackbacks(0)

              アイデンティティ

              2019.01.01 Tuesday 20:55
              0

                久々に映画にはまった。「ボヘミアン・ラプソディ」

                元旦の今日、2回目の鑑賞へ出かけた。

                1度目は苦悩を越え生きることの素晴らしさを感じたが、

                不思議と今回はまた違うことを想った。

                頭に浮かんだ言葉は「アイデンティティ identity」。

                最近、よく聞く言葉だが、いまいちよく分からない(w。

                「自己が環境や時間の変化にかかわらず連続する同一のもの」

                全く意味が分からない…(笑)。

                「自分が自覚してる自分らしさ」とでも言い換えようか、

                「あなたは何者ですか?」に対する答えとでも言おうか、

                Queenのメインボーカル”フレディ・マーキュリー”残した

                「I'm I.  Is it understood, it isn't I.」

                (僕は僕さ、分かるかい?僕でしかないんだ。)

                って言葉が僕は好きだ。彼の苦悩の先にたどり着いた答え。

                それはフレディ・マーキュリーはパフォマーだということだ。

                 

                映画を見終わってから。ずっと自問している。

                「僕は何者だろう?」。その答えが見つかるのは、

                もしかして人生の最後のほうなのかもしれない。

                僕は今、僕のアイデンティティを見つける旅をしている。

                 

                何度見ても、最後21分のLIVE AIDのパフォーマンスは圧巻だ。

                圧倒されるというか、背中を押されるというか、

                心をつつかれるというか、彼のアイデンティティそのものだ。

                 

                We are the Champion(僕たちは人生のチャンピオンだ)

                 

                我が家はあらゆるところからQueenが流れている(笑)

                category:日日雑感 | by:ぷ〜さんcomments(0)trackbacks(0)

                2019 新春万福

                2019.01.01 Tuesday 08:29
                0

                  明けましておめでとうございます。

                   

                  過去は変えられないが、未来は変えられる。

                  自分の任せられた役割に疑問と不満を抱きながら

                  ここ数年を過ごしてきたが…。

                  担任がしたい、顧問がしたい…。

                  どこまでいってもその思いは消えることはない。

                  でも、これではいつまでたっても変わらない。

                  今の自分にしかできないことがある。

                  今の自分にだからできることがある。

                  ようやく、少しずつ、割り切れるようになってきた。

                  さあ、そろそろ本領発揮かな。

                  MIZUNOワールド全開で行ってみよう!

                  最近、いろんな教え子と会う機会があったり、

                  メッセージをもらう機会があったり、その都度、

                  忘れそうな「自分」を、引き戻してくれる気がする。

                   

                  温かく、パワフルに、そしてサプライズを巻き起こす。

                  なんだかそんな2019年になる気がする。

                  しばらくできていない、大人の道徳も開催しよう。

                  心を震わす、心を震わせられる、そんな2019年に!

                  category:日日雑感 | by:ぷ〜さんcomments(0)trackbacks(0)

                  もつべきものは教え子だ

                  2018.12.30 Sunday 16:36
                  0

                    東海情報発信誌Cheek編集長とランチをした。

                    彼女は初めて卒業させた学年の担任をした子で、

                    今や自分のライフスタイルの一部となっている

                    ソフトテニス部の最初の教え子でもあった。

                    あの超理不尽に叱られ続けた彼女は今キラキラしている。

                    「あの日があったから」と言ってくれる彼女に感謝です。

                    キュートな笑顔と天真爛漫な性格は変わっていないが、

                    仕事に貪欲で、人生を楽しんでいて、

                    本当に素敵で魅力的な大人になっていた。

                    いろいろあるのだろうけど、その姿に勇気をもらった。

                    支えていたはずの教え子に、いつの間にか支えられている。

                     

                    今回はただランチをしただけでなく、

                    実は僕の新たな挑戦(わがまま)に彼女を巻き込むため。

                    まだ企画中で何も動いてないけれど、たぶん素敵な企画だ。

                    そのために彼女のバイタリティな力を借りに来た。

                    話をして、思いを伝え、快諾。よし!これで動き始められる。

                    まだまだ動き出すまでに、越えなきゃいけない壁はあるが、

                    久々に自分らしいわがままな企画だ。

                    ヒントを言えば、あの長寿番組「笑っていいとも!」の

                    名物コーナー、学校版テレフォンショッキング。

                    テーマは、人と人をつなげ、「本物」の人に触れる。

                     

                    教え子と一緒に何かを企むことができるって幸せだなあ。

                    教師として何にも代えがたい宝物は紛れもなく「教え子」だ。

                    category:日日雑感 | by:ぷ〜さんcomments(0)trackbacks(0)

                    おこがましい「お願い」

                    2018.11.09 Friday 17:50
                    0

                      部活とクラブの二極分化に心を悩ましながら、クラブ運営が続いている。

                      目の前に頑張ろうとする子と、それを応援しようとする保護者がいる。

                      これは指導者としてとても幸せな環境だと思う。

                      しかしながら、部活経営からクラブ運営にシフトチェンジしてから

                      どうしても心がモヤモヤしていたことが、ついに我慢できなくて、

                      クラブの中心にいる保護者を集め、おこがましくも、「お願い」をした。

                      部活をしていたときも、”協力”をお願いしてきたことは多々あったが、

                      今回は少し違う角度での”協力”をお願いをした。どうか伝わって欲しい。

                       

                      ひとつはやはり僕はテニスのコーチである前に、

                      教育に携わっている教育者で、技術の向上や勝利だけでなく、

                      苦しみながら、悩みながら、心を育てたいということ。

                      そのために「お願い」があります。

                       

                      ひとつ。練習や遠征で子どもの荷物を持ってあげるのやめてほしい。

                       もっと言えば、練習や遠征に関わる道具も子どもたちに持たせて欲しい。

                      ひとつ。テントや控え場所を準備したり、

                       片づけたりするのも子どもたちに任せて欲しい。

                      ひとつ。ジュースやお菓子などの差し入れは遠慮して欲しい。

                       部活とクラブは違うが、部活や学校の生活にできるだけ近づけて欲しい。

                      ひとつ。子どもたちが夢に向かって進むとき、

                       自分の現実や人間関係に大いに悩むと思うけど、

                       家でしっかり話は聞いてあげて欲しいが、

                       試合会場で悩み苦しんでいる子どもをそっと見守ってあげて欲しい。

                      ひとつ。いろんな人間関係の悩みは女子には憑き物だが、

                       それをコートに持ち込まないことと、保護者が介入するのは遠慮して欲しい。

                       

                      ざっくり言えばこのようなことを「お願い」した。

                      勿論、クラブ運営はとくに保護者の協力あっての活動だが、

                      それを承知であえておこがましいお願いをすることにした。

                      練習や試合で見に来てくれて、応援してくれるのは大いにありがたい。

                      でもコートでの保護者と選手との距離感があまりに近いことを危惧している。

                      すぐに休憩になれば親の横へ駆け寄り、甘えている姿をよく見る。

                      子どもは親が近くにいれば、甘えも出やすくなるだろう。

                      保護者として「わが子が頑張ってるんだから」と思う気持ちはよく分かる。

                      だけど、できれば「あんたが好きなことやってるんでしょ。

                      だったら、やらなきゃいけない勉強や家の手伝いくらいしなさいよ。」

                      くらいの姿勢で接して欲しい。それくらいでちょうどいいと思ってる。

                      どれだけ保護者の方に伝わったかは分からないが、

                      保護者クラブのたかがコーチという分際でおこがましいのは重々承知。

                      でもやはり子どもが強く、しやなやかに、素敵に育つためには、

                      保護者の方の理解と協力はなくてはならないと思い、はっきり伝えることにした。

                       

                      どれだけ伝わったか分からないけど、どうぞご理解ご協力お願いします。

                      category:日日雑感 | by:ぷ〜さんcomments(0)trackbacks(0)

                      Calender
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      282930    
                      << April 2019 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      Recent trackback
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM