祝!全豪OP優勝!大坂なおみ

2019.01.27 Sunday 21:38
0

    今週末もソフトテニス。世間の話題は硬式テニス。

    土曜日は恒例輪中ドーム。

    優勝は森と川STC。準優勝はWinMiとクラブチームが上位に。

    西尾張美和、東三河田原、西三河逢妻と愛知勢が続いて、

    京都神川、大阪西陵、岐阜糸貫とお世話になってる学校が集まった。

    日曜日は美和中卒業生の元全国出場選手が来てくれて、

    久しぶりのWinMi一日練習。基本練習が続く。

    気になるのは技術の低さではなく、

    できることをやらない意識の低さ。

    声出しの練習をすれば大きな声を出せるのに、

    練習や試合では同じ声が出せない。

    自分で打ったボールがネットしても拾えない。

    コートにボール落ちているのに平気で乱打をする。

    自分でたてた夢は諦めたくないと口では言うのに、

    ちょっと厳しいボール程度でとるのを諦める。

    自分のミスやペアのミス、相手の強烈なボールにイライラし、

    結局、自らミスを増やし、自滅のマイナスサイクルを繰り返す。

    …やはり、どこまでいってもメンタルだなあと思っていた頃。

     

    世間は「大阪なおみ全豪OP優勝!世界RANK1位!」のニュース。

    すごい!すごすぎる!昨年度末68位だった彼女にとって、

    2018年度は世界超一流の仲間入りを果たす成長の年。

    この1年で何があったのか…。勿論、技術の向上もあったのだろう。

    しかしそれ以上に彼女をのし上げたのは、メンタルのコントロール。

    今大会、自分のミスをしたあと大きく深呼吸し、

    心をコントロールしている彼女の姿を何度も何度も見た。

    世界RANK1位になる彼女でも、ポーカーフェイスなんかじゃなく、

    自分を落ち着かせようと必死なんだと、なんだか安心した。

    世界で1位になっても、やはり勝負を分けるのは自分の「心」。

    感情に自分が飲み込まれていけば、「負け」が待っていて、

    理性が自分をなだめれば、「勝ち」が待っている。

    試合に勝つのに必要なものは、熱い心に、冷静な頭。

    そのために腹から声を出すことで、自分を鼓舞し、

    落ち着かせるための大きな深呼吸して冷静にプレーに集中する。

    超一流のプロでさえそうであるなら、中学生ならなおさらだ。

    彼女のようなビックサーブを打てないし、身体能力もない。

    でも彼女がしたように取った得点に大きな声を出し、

    ミスをしたときに大きな深呼吸をすることなら真似はできる。

    できることを、しっかりやる。それがやっぱり大事なんです。

    さて。やるか、やらないか。それはあなた次第です。

    category:主催大会 | by:ぷ〜さんcomments(0)trackbacks(0)

    素直な頑固者で、マゾでナルシスト

    2019.01.21 Monday 22:01
    0

      第32回輪中ドーム強化研修会。

      本当にホームかと思うくらい、使用させてもらってます。

      全国的にインフルエンザが猛威を振るい、

      研修大会や練習試合のキャンセルも致し方ない時期になり、

      当研修会もその煽りを受けています。

      しかし前々日にもかかわらず、参加をしてくれる

      チームに救われながら、なんとか大会は運営できています。

       

      優勝したのは地元先輩クラブの森と川STC。

      続いて京都から参加のWTC、わが美和STC。

      静岡湖東も着実に成長してきていて、

      京都神川のおもいっきりのよいプレーも健在。

      仲良しの大阪SRC、岐阜神戸、そしてWinMi。

       

      万年ドベだった美和STCも少しずつ勝てるようになってきた。

      毎年そうだが、同じ環境で、同じように練習しても

      成長する者もいれば、なかなか成長できない者もいる。

      どこにその差ができるんだろうか。

      自分なりにその差を分析してみた。

      「素直な頑固者で、マゾのナルシスト」

      言葉だけとると誤解されかねないが…。

      やはりよく言われることだが「素直」であることが一番。

      教えられたことを真摯に受け取り、実践できる素直さ。

      誰に何を教えられても一度は自分に取り入れるしなやかさ。

      しかしながら、言われたことを鵜呑みにして

      ただこなすだけの指示待ち人間ではダメで、

      素直さの中にしっかりと芯をもち、周りに流されない

      自分という人間に「頑固」な部分をもつ人間が伸びる。

      苦しく頑張っている道のりを、ただ否定して、

      逃げることだけを考えるような人間では成長できず

      自分の成長だと言い換えれる「マゾ」的な要素をもっていて、

      頑張っている自分を肯定できる「ナルシスト」。

      今まで見てきた成長する人間の特徴を少し誇張して言えば、

      そんな共通点をもっていたような気がする。

       

      やはり大切なことは上手いかどうかじゃなく、

      上手くなれる人間かどうかってこと。

      category:主催大会 | by:ぷ〜さんcomments(0)trackbacks(0)

      第30・31回輪中ドーム強化研修会

      2019.01.12 Saturday 22:11
      0

        更新遅れましたが、

        先週末は今年最初の輪中ドーム強化研修会でした。

        毎回、豪華顔ぶれで恐縮だが、

        こんな私的な研修会に県内外から本当にありがたいことだ。

        チームがへっぽこながらも結果を残せているのは、

        この経験があるからだということは言うまでもない。

         

        さて今回は…。

        第30回は磐田豊田、和歌山信愛、朝日STCの上位3校が

        3つ巴になる大接戦。優勝は静岡から磐田豊田。

        続いてWinMi、美和、岐阜から糸貫、大阪SRC西陵、安城北。

        第31回は和歌山信愛が初優勝、美和、WinMi、幸田。

        岐阜池田、岐阜大翔会、奈良から郡山南、三重光陵。

        今回も東海、近畿地区から切磋琢磨すべく好チームが集まった。

         

        今回は時間を見つけて、選手ひとりひとりと話をした。

        その子が「今」考えている、目標、悩み、そしてもどかしさ。

        時折、勝負の世界にはまり込むと、すれ違ったり、ぶつかったり。

        それでも子どもたちは、みんな口をそろえて、

        「諦めずに、高い目標を掲げ、勝ちたい」と言い切った。

        勿論、まだまだヒヨッコで、まだまだ足りない。

        それでも、前を向いて悩んでいることに、少しだけ安心した。

         

        2019年。年号も変わるこの歴史的な年に、奇跡を起こせ。

         

        category:主催大会 | by:ぷ〜さんcomments(0)trackbacks(0)

        輪中ドーム強化研修会 - SUMMER Festa2018 -

        2018.08.15 Wednesday 15:26
        0

          毎年恒例の四日市Dで行われるドームカップが三重インターハイのため中止。

          同じドームでもだいぶ規模は縮小して、輪中ドームでの研修会を企画した。

          お盆の時期に5日間(10時から21時まで)連続の耐久研修会。

          愛知、三重、岐阜、静岡、京都、大阪と各地から集まってくれました。

          WinMiとしても新チーム体制のスタートです。

          技術よりもまずは礼儀、姿勢、心構え、そして考え方。

          1年後の夢舞台での活躍のための一歩をまた踏み出しました。

          試合をするたびに「やる気がない」「勝つ気がない」と叱られ、

          涙を流しながらまたコートへ向かう。やってもやっても勝てない。

          それでも歯を食いしばり、明るく元気に悩む彼女たちは本当に素晴らしい。

          そんな彼女たちに勇気を与えるように、見事な虹も現れました。

          目の前の細かい技術に惑わされるな。「心で勝つ」。

          そう信じひたすら汗と涙を流す子どもたちを全力で支える。

          目の前に夢を信じ、努力をする子どもたちがいれば、

          それを全力で支え、励まし、背中を押してやるのが僕の生き方。

           

          結果をつなげる。

          結果はスタートであって、ゴールではない。

          試合をして結果が出る。大切なことは勝ったか負けたかではなく、

          その結果から何を学び、そして何を変えていこうとするか。

          勝ちに浮かれて、負けに下を向けば、変わるチャンスはなくなる。

          それは最終到着点だと思っている3年生の夏の総体だって例外じゃない。

          すべての結果は次への一歩であってほしい。

          だって人生はいつだって続いているんだから。

          category:主催大会 | by:ぷ〜さんcomments(0)trackbacks(0)

          第30・31回選抜大治インドア大会

          2018.01.16 Tuesday 19:58
          0

            気心の知れた古巣大治の地でインドア大会。

            WinMiも少しずつ結果が出始めて、2日間連覇。

            とくに1日目は県新人優勝校の依佐美を2回破っての優勝。

            まだまだ波は激しいが、少しずつ少しずつである。

            少しずつ叱られることも多くなってきて、

            少しずつ本気になることも多くなってきて、

            少しずつ勝つことも多くなってきている。

             

            口を酸っぱくしていつも言うのは、

            最後はそれぞれが自分の学校へ戻って、自分の学校の仲間と

            目標に向かって努力し、挑戦するんだぞということ。

            クラブ経営の難しいのは、そこにある。

            WinMiには目標が天と地ほど違う選手が集まってくる。

            全国大会出場を目標にする者もいれば、

            レギュラーを獲得したいという目標をもつ者もいる。

            勿論、それによって努力も違えば求められることも違う。

            学校も違う、目標も違う、技術も違う。

            そんなバラバラの選手たちが、同じ場所で練習し、

            ときに同じチームとして試合に出かける。

            本当にもどかしく、そして答えの出ない運営が続く。

            普段はテニスができることが楽しくて、そんなに深く考えないのだが

            たまーにふと「なんでこのクラブってあるんだろう」って頭をよぎる。

            でも目の前に、テニスがうまくなりたい、試合に勝ちたい!

            そんな子どもたちが目の前にいると、そんなことどーでもよくなる。

            部活縮小の世の中の流れの中で、もっとやりたいという子の居場所になったり

            中学では環境に恵まれなくても、高校で花が咲くための”つなぎ”であったり、

            それぞれの子にとってこのクラブが何か意味のあるものであればよいと思う。

            いつまでやれるかなんて、分からないし、考えたら不安になるから、

            とりあえず今できることを、してあげられることを、全力でやる。

            category:主催大会 | by:ぷ〜さんcomments(0)trackbacks(0)

            第9回輪中ドーム強化研修会

            2017.07.02 Sunday 06:21
            0

              毎回赤字のこの強化研修会(笑)も、今シーズン最終。

              前赴任校の大治中を強化したくて、毎回、県内外から

              意識の高い学校をお呼びして全国を目指して実施してきました。

              (新チームも続けて行きますので、よろしくお願いします)

              夏総体を直前に、どのチームもよく仕上がってきています。

              今回はなんだかんだ愛知勢の層の厚さが浮き彫りに…。

               

              優勝は愛知東山中、続いて2位愛知大治。3位愛知逢妻と続き…

              以降、京都西ノ京、奈良高田、三重橋南、三重松阪中部、

              そして場違いな…急きょ参戦、WinMiとなりました。

              10時試合開始して17時過ぎに大会は終わり、

              その後、逢妻中は居残りでWinMiと合同ナイター、

              へとへとになりながら中身の濃い練習ができました。

              あの元気さ、執念、ガッツ、声、見習うものばかりでした。

               

              勿論、WinMiはほぼ負け。

              しかし子どもたちってのは、本当に不思議で環境なんです。

              細かい指示やアドバイスはほとんどしなくても、

              10の環境を与えれば7〜8くらいは伸び、

              5の環境しかなければ3くらいにしかならない。

              環境の中で感化され、意識を流され、成長していく。

              WinMiのへっぽこ軍団たちも同じで、

              気がついたらあーでもない、こーでもないと話し合いをし、

              クラブで使っている試合の記録用紙を部活でも使いたいから、

              顧問にコピーをお願いするので1枚下さいと言い出したり、

              勝てるはずもない相手に必死に向かっていたり、

              少しずつ少しずつ覚醒しようと頑張るようになってきました。

               

              もしかして大人ができることってのは、

              口うるさく、あーだこーだ、ガミガミ言うことではなくて、

              伸びる環境(時間や場所、機会)を

              用意することだけなのかもしれません。

              最近はそれが誰だっていいじゃないかって思うんです。

              親だったり、担任だったり、顧問だったり、

              そうじゃなくてもその子を気にかけてる先生だったり、

              それが地域でも、大袈裟に言えば赤の他人だっていい。

              伸びる大切な時期に、そういう大人に出会うといい。

              そして子どもたちにとってそんな大人でいたい。

              たしかにやらせるだけの強制では、人は育たない。

              が、やる気が出る前までの無理やりやらせる時期も必要だし、

              やる気が出た後のどこまでも支えてあげるバックアップも必要。

              何だか昨今の無理やりやらせちゃダメっていう放任主義の後の、

              やる気が出たらやり過ぎるなっていう出る杭叩く主義の流れに、

              首をかしげながら、矛盾を感じながら、

              僕にできる目の前にいる子どもたちへの支援を模索している。

              category:主催大会 | by:ぷ〜さんcomments(0)trackbacks(0)

              第7回西尾張地区招待

              2017.06.25 Sunday 06:36
              0

                土曜日は甚目寺中をお借りして12校団体戦を行った。

                西尾張地区を中心として、県内から12校。

                優勝は海部地区代表の永和中学校。やはり底力がある。

                準優勝に愛日地区の春木中学校。今年の愛日も混戦です。

                3位には1・2年生主体の藤浪中学校。

                WinMiの選手が数多く在籍する学校です。

                やはりどの学校も力は横一線。雰囲気がよい学校が勝っていく。

                個々の力というより、ペア力、チーム力のある学校が勝つ。

                そんな印象を受けた一日でした。

                夏の大会を2週間後に控え、いい調整になればよかったです。

                 

                先に挙げた藤浪中学校、そして同じ津島地区の天王中学校。

                どちらも有望な1・2年生が数多く、

                次世代の海部地区を牽引していくのは古豪津島地区かもしれません。

                が…最近、どこを見てもジュニア(経験者)全盛期!

                という感じで淋しい限りです。なかなか倒せないジュニアを、

                素人の子が汗と涙でジュニアを倒す!っていう夢物語を追っかけて欲しい。

                ジュニアを倒したくて始めた部活動で、

                ジュニアのおかげでレベルアップできて、

                そしてジュニアのおかげで勝つことができた自身の経験からも、

                ジュニアと素人で切磋琢磨しながら地区を盛り上げていく。

                WinMiにはジュニアも素人も関係なく、

                やる気のある子が集まってきています。

                地区のレベルアップに少しでも貢献できれば、恩返しできるのかな。

                category:主催大会 | by:ぷ〜さんcomments(0)trackbacks(0)

                第56回ナガイカップ

                2017.05.29 Monday 05:51
                0

                  土曜日の輪中強化研修会に引き続き、

                  日曜日は暁中をお借りして恒例ナガイカップでした。

                  先日に引き続き、暁、大治、神奈川成瀬が参戦。

                  その他、愛知各地区から春木C、守山西、六ツ美北が集まりました。

                  大治は順当に優勝…と言いたいところですが、

                  全勝で迎えた最終ライバル暁戦に負けて、

                  1敗での優勝でした。やはり取りこぼしが目立ちます。

                   

                  試合の流れを敏感に感じることができない。

                  流れがあるときは、どんどん攻める。

                  流れがないときは、グッと堪えて我慢する。

                  たったこれだけなのに、それができないのは鈍感だからか?

                  どちらかと言えば、この逆の展開になることが多い。

                  流れがあるのに、そのままそのまま…

                  流れがないのに、あがいて凡ミスを繰り返す。

                  最近はテニスだけに関わらず、空気を感じれない子が多い。

                  野村克也氏が言っていた「鈍感は悪」って言葉が痛く突き刺さる。

                  大人になる前に、いろんなことに敏感な子に育って欲しい。

                  category:主催大会 | by:ぷ〜さんcomments(0)trackbacks(0)

                  第8回輪中ドーム強化研修会

                  2017.05.28 Sunday 06:56
                  0

                    久々の輪中強化研修会。

                    夏の総体まであと2回。今回も豪華顔ぶれ。

                    優勝は東海のライバル三重県桑名市の光陵中。

                    新1年生の加入もあり、さらに層が厚くなった様子。

                    準優勝はクラブチームの先輩。森と川STC。

                    大治は3位になんとかかんとか食い込みました。

                    4位の静岡浜北北部中は県個人戦で大将ペアを欠くも、

                    こちらも新1年生の加入もあり、東海でのライバルになる予感。

                    5位〜7位までは同率で愛知暁、神丘と神奈川成瀬。

                    そして福井丸岡中を含めた8校でみっちり団体戦でした。

                     

                    ちゃんとやれば勝てる…って何度その言葉を聞くんだろう。

                    それはちゃんとやれば勝てるという前向きな言葉ではなく、

                    ちゃんとやれないっていう、とても大きな課題があるってこと。

                    ではどうしたら、大事な場面でちゃんとやれるのか。

                    その答えはただひとつ。「いつもちゃんとやる」ってことです。

                    場面や環境、その時の自分の気持ちに影響されず、例外なくいつもです。

                    いつもしっかり声を出す。いつも諦めずにしっかり走る。

                    たったひとりでも。たとえその日、どうしても気持ちが乗らなくても。

                    言い訳せず、妥協せず、いつもちゃんとやる。

                    それが大事な場面で自分の力をちゃんと出す唯一の方法です。

                    …って、それって何より難しいんですけどね。

                    僕は何度も言い訳して、妥協して、そして諦めてきた。

                    だから分かるんです。「あの時、ちゃんとやってれば」って。

                    category:主催大会 | by:ぷ〜さんcomments(0)trackbacks(0)

                    第7回輪中ドーム強化研修会

                    2017.03.28 Tuesday 17:28
                    0

                      今回も遠方より豪華なメンバーが集まった。

                      選抜に2人とられながら見事優勝した三重光陵中を筆頭に、

                      京都より西ノ京中、静岡浜北北部中、岐阜池田中、愛知大治中、

                      静岡大岡中、埼玉より富士中、長野辰野中と8校。

                      今回もハイレベルな戦いは全勝した学校はありませんでした。

                      遠くから有難うございました。残すは5月と7月の2回。

                       

                      さすがに怪我には勝てません。

                      ただでさえ少数精鋭?でギリギリの人数で頑張っていますが、

                      選抜に1人、怪我で数人、まともにテニスできるのは2人…。

                      予定していた遠征もキャンセル続きで主催者に迷惑をかけっぱなし。

                      戦いは決してテニスだけではなさそうです…。

                      まずは焦らず、無理せず、しっかりと夏を見据えて…。

                       

                      今年度ももうすぐ終わり。

                      今年度はテニスも学校も関わり方が大きく変わり悩んだ1年でした。

                      それでもやはりどこかで支えてくれてる人がいて、

                      頑張っていると、また誰かが支え初めてくれて、

                      思い通りにいかない人生は、思わぬ支えに助けられて、

                      感謝感謝です。そしてまた1年がもうすぐ始まります。

                      いつになったら支える側にまわれるのだろうか。

                      与えられた場所で、挑戦をし続け、進化し続ける姿勢は変わらない。

                      出る杭は打たれるが、打たれたらまた出ればいい。

                      こだわりはわがままと言われるが、自分は曲げたくない。

                      世の中は変わっていくが、伝えたいことは変わらない。

                      テニスで出会ったたくさんの出会いが今も僕を支えている。

                      category:主催大会 | by:ぷ〜さんcomments(0)trackbacks(0)

                      Calender
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << June 2019 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      Recent trackback
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM