H25年夏 「不遇」

2013.08.22 Thursday 13:16
0
    「不遇」 辞書で調べると、
    才能をもちながらも、めぐり合わせが悪くて
    世間に認められないこと。およびそのさま。

    1年生のとき、家庭の事情と学校の事情で一線を引いた。
    一番大事な入部してからの数ヶ月を一緒に過ごさなかった。
    すべての要因はここにあると感じている。
    テニス部の顧問をやりたくて先生になった副顧問の先生へ
    すべてを一任して、一線を引く。
    ベストだと思ったこの決断は間違いだったと気づいたのは1年前。
    顧問の変わった部活は混迷を極め、問題が多発する。
    しかし一度退いた身で何が言えるのか…と結局は静観するだけ。
    テニス部に入ってきた君たちにも、
    そしてすべてを押し付けた副顧問の先生にも本当に申し訳ない。

    それとは裏腹に入部してきた君たちは例年より少ない8人だった。
    しかし素質は申し分ないほどに恵まれていた。
    のちに県の選抜候補になる前衛キャプテンをはじめとし、
    教えて教えられない豪打を打てる後衛陣。
    少数精鋭で戦えるだけの戦力だったと思う。
    しかし、最後までコートに立ち続けたのは5人。
    何よりも3人を最後まで引っ張りきれなかったことが
    顧問としての最大の責罪で、チームとしての最大の後悔だ。

    2年生になり、副顧問の先生が変わり僕が再度前線復帰をする。
    それからはきっと君たちにとってテニスは楽しみではなく
    苦しみにしかならなかったと思う。
    何をやってもダメ出し。すぐに叱られ練習がなくなる。
    僕は「やる気がないから、見ない」と言い、
    君たちは「見てもらえないから、やる気がでない」と主張する。
    何度もぶつかることがあったが、最後までそれは変わらなかった。

    3年生になり、さらに副顧問の先生が変わり、
    3年間、毎年関わる先生が入れ替わり立ち代り…。
    その中でどこへ向かって進めばいいのか分からない日々が続く。
    新人戦では初の西尾張大会優勝。
    春の近県選抜大会への出場。
    キャプテンは選抜メンバーとして東海インドア出場。
    春の大会でも県大会へ1ペアが出場し、
    最後の夏の大会では団体戦で県大会出場。
    個人戦でも2ペアが県に、1ペアは東海直前のベスト16だった。

    残してきた結果はその才能に違わず立派なものだが、
    やはり「不遇」時代の彼女たちは、なかなかに認めてもらえない。
    新人戦の西尾張優勝の場面にも、自分は役員で男子会場にいた。
    最後の夏の県大会も、全中プレ大会として役員で本部にいた。
    いつも君たちと同じコートで一喜一憂を逃し、気持ちも離れていく。


    きっと君たちは僕のことを嫌っていただろうと思う。
    「どうせ先生は私たちのことが可愛くないんでしょ。
     後輩や先輩たちのほうが可愛いんでしょ」って思っていただろう。
    (まあ現役生は毎年変わらず、ムカつくほど腹が立つんだが…)
    でも、やはり君たちのことをいつも考えていた。
    なかなか伝わらないこの想いをどうしようかいつも悩んでいた。
    最終的に自分が出した結論は…。
    君たちにどんなに嫌われても、誤解されても、
    ダメなものをダメだと言い続けることだった。
    最後の最後までそれをやりきることが顧問を離れた僕の償い。
    西尾張最後の団体戦も、これではダメだとベンチを外れた。
    「僕が1年生の頃から見てれば…」と何度も思ったが
    だから、甘くなったり、だから妥協したり、したら後悔する。
    だから、叱り、だからあえて厳しく接した。
    今までの先輩たちにしてきたと同じように妥協をしない。
    それが唯一の僕の愛情表現だったことは、きっと気づいてないだろう。
    もしかしたらそれさえも僕の自己満足なのかもしれないが…。

    昨年度逃した県大会出場を1年で戻してくれた君たち。
    みんなでかたまって文句を言いにきた君たち。
    最後まで対顧問で歯を食いしばってくれた君たち。
    やはり最後まで君たちはテニス部だったと思う。
    理不尽に次ぐ理不尽は君たちの心を強くした。
    いい思い出とはならなかったかもしれないが、
    テニス部でよかったとは思えなかったかもしれないが、
    間違いなく君たちの心は我慢強く、強くなったはず。

    2年半、本当にお疲れ様でした。
    category:オモイ | by:ぷ〜さんcomments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recent trackback
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM