H26愛知県中総体

2014.08.01 Friday 06:13
0
    <団体戦>
    優勝:加木屋中学校
    準優勝:豊明中学校
    第3位:矢作中学校・萩山中学校

    優勝した加木屋中学校の強さが目立った大会だった。
    裏を返せば加木屋中以外の学校にはすべてチャンスがあった。
    大治中は初戦が豊明中戦。スコアは1-2負け。
    やはり負けるときは顧問にすべての原因がある。
    あれだけオーダーを1-3-2と決めていたのに、
    直前になって3-1-2と変更。
    理由は「もし最後になるなら・・・最後の最後は3年生で終わりたい」。
    でもそれは裏を返すと大将を信じていないということだった。
    この弱気な勝負こそが、すべての敗因だったと言っても過言じゃない。
    あれだけ大将が大将の働きをする(1番手が相手1番手に勝つ)ことが
    すべてだとずっと大将ペアに言ってきたことを裏切ったのは自分だった。
    後悔しても結果は変わらない・・・。取り返しのつかない失敗をしてしまった。
    結局、3番勝負になって弱気になった1・2年ペアの姿勢は
    顧問の姿勢そのままだったのだろう…。後悔しても後悔しつくせない。
    結局、競ったその試合を勝ち進んだ豊明中が準優勝・・・。
    久しぶりに眠れない夜を迎えた。悪夢にうなされる。

    <個人戦>
    優勝:加木屋ペア
    第2位:加木屋ペア
    第3位:加木屋ペア/大治ペア

    ・・・? 県大会個人戦第3位。
    まさかまさかの県大会個人戦入賞!
    夢の扉が開いた!東海を夢見て14年。とうとうやりました!
    1回戦。情けない立ち上がりにまたも県でも叱られる。
    2回戦。ようやく少しずつ自分たち試合をして勝利。
    さぁ東海をかけた3回戦。相手は第1シード(西三河1位)。
    何度も何度も手を合わせてきたよきライバル。
    前日の失敗は犯さない。逃げずに勝つ!
    何度も流れは行ったり来たり、最後までよく打ちました。
    ファイナルで始めての東海を決めました。
    海部のいろいろな先生、県内外のいろいろな先生、
    今まで同じ夢を見て涙を流してきた先輩たち、
    声を枯らして応援してくれた仲間たち。
    いろんな人に支えられ、ようやく夢の扉を開くことが出来ました。

    ありがとうございました。
    東海ではなんとか一泡吹かせてやろうと狙っています。
    category:遠征記録 | by:ぷ〜さんcomments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recent trackback
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM