ホームとアウェー

2018.03.05 Monday 20:35
0

    遠征(外)に出かけると、メンバーも絞られるし、

    何より金銭面や時間、配車などの負担が大きい。

    最近はクラブのホームとしては、津島近辺のコートが多い。

    (神守中、生涯学習センター、輪中ドームなど)

    クラブも少しずつ軌道に乗ってきて、

    各県の強豪相手に互角の勝負をするようになってきた。

    なーんて思っていたけど、そうでもなかった。

    週末は久々にアウェーの遠征に出かけた。

    対戦相手は普段やっている相手を考えれば、

    簡単に負けるような相手ではないにも関わらずあっさり負け。

     

    やはり主催しているホームでの試合と、

    招待されて出ていくアウェーの試合では全然違う。

    知らぬ土地へいく高揚感と不安。

    着いてどこに荷物を置いて、誰に挨拶をして、どう準備をするか。

    見慣れぬ景色と、普段と違う匂いと、空気が何かを狂わせる。

    テニスの試合をするということでは変わりがないが、

    環境が違うと、普段の自分を出せないというのは自然なのだろう。

    やはりそういった意味では、遠征(外)に出かける意味というのは大きい。

    保護者の負担は否めないが、やはり内弁慶ではだめだということ。

    積極的に外に出かけて練習していかないと、本番に強くなれない。

    相撲の世界にも出稽古というのがある。

    古くは武術の世界には道場破りというものあった。

    やはりホームとアウェーは全然違うんだということを再確認した。

    category:遠征記録 | by:ぷ〜さんcomments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recent trackback
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM