目標以上の人間にはなれない

2018.10.28 Sunday 21:40
0

    目標以上の人間にはなれない。

    目標設定とは人生において最も重要な作業であると感じている。

    目標次第で人はどうとでも変わっていく。

    「どうしてうち(のチーム)は、

     あそこ(のチーム)みたいになれないんですかね?」

    って保護者に聞かれた。そのすぐ後に、

    「どうやったらあのチームみたいになれるんですか?」

    って選手にも聞かれた。改めてその原因を考えてみた。

    技術の差は勿論、努力の量と質、気持ちの強さと覚悟…。

    そのどれをとっても確かにうちのチームに足りないものばかり。

    …で、結局のその差はどっから生れるのかってことだ。

     

    答えは意外と単純で「目標」の差だ。

     

    県大会に行きたいと頑張っているチームは、

    全国大会に行くんだと覚悟しているチームには勝てない。

    当たり前のようだが、意外とそこに目がいかないものだ。

    目標が違えば、おのずと必要とされる努力の量や質も差ができる。

    その違いは技術への差と変わり、気持ちの差へと変わる。

    そしてそれが表面に現れるのが、試合の勝ち負けになるわけだ。

    「人は目標以上の人間にはなれない」。

    目標は自分の限界点であり、満足点でもあるからだ。

    だからこそ、目標の見直しは必要になってくる。

    入部してきたとき、はじめて試合をしたとき、

    試合に勝利したとき、負けたとき、目標を叶えたとき、

    その都度に、自分の目標を見直し、再設定する。

    人生にとって最大の悪は、満足と諦めだと思っている。

    諦めず満足しないように目標を何度も見直し、

    再設定し続けることこそが人が成長し続ける方法なのだと思う。

    目標なき努力は空回りにしかならない。

    実現可能な少し背伸びした目標を、より具体的に設定する。

    自分が自分を超えていくために、目標をしっかりと立てる。

    category:日日雑感 | by:ぷ〜さんcomments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recent trackback
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM