夢をつかむまで。〜池田一葉さん〜

2019.01.23 Wednesday 21:51
0

    人生はびっくりするくらい急展開に動き出すことがある。

    今年の1月2日、人生初のシルクドソレイユを嫁と見に行った。

    その世界最高峰のエンターテイメントショーに圧倒された。

    それから、かくかくしかじか…。

    1月14日にはキュリオスの舞台裏に招待して頂き、

    そして1月22日。夢のような企画が実現した。

    池田一葉さんが好意で美和中学校にて特別講演会をして頂いた。

    (キュリオス日本公演唯一の日本人パフォーマー「クララ役」)

    超多忙を極める中、貴重なお休みの日にボランティアで。

     

    あの日、あの時、あの場所にいた子どもたちだけの特別な思い出。

    とても話し上手で、分かりやすく、心に響くお話でした。

    話の内容はあえて内緒です(笑)が、ひとつだけ。

    ハンバーガーとサンドウィッチの話。

    ある時、お腹をペコペコ減らした人が、

    どうしてもハンバーガーが食べたくて、

    探して探して街を歩き続けるが、

    結局ハンバーガー屋は見つからず、がっかりしていた時、

    そこにサンドウィッチ屋を見つけた。

    仕方なくサンドウィッチを食べることにしたが、

    そのサンドウィッチは今まで食べたことないくらい

    とても美味しいサンドウィッチだったって話。

    欲しいものを一生懸命、努力して追い求めていたら、

    ソレは手に入らないかもしれないけど、

    人生にとって大切な何かを見つけることができるって。

    この話を聞いたとき、以前同じように

    ボランティアで来ていただいた羽衣国際大学教授で

    タレントのにしゃんた氏が話してくれた

    「セレンディピティ」のことを思い出した。

    日本語でうまく訳せない偶然幸福発見能力とでも言おうか、

    なんだか一流の人間は同じことを感じてるんだなあって。

     

    「行動する」ってことは人生が動くきっかけとなる。

    それが正解かどうかは、動いてみなければ分からないが、

    何もしないよりは、したほうがずっとマシだ。

    今回も僕の無謀な情熱が、人を巻き込んで現実となった。

    時に人に迷惑をかけたり、困らせたり、困ったり…。

    それでも勇気を出して行動することで、

    人生はびっくりするくらい急展開に動き出すことがある。

     

    あの日、舞台でキラキラ輝いていたクララの素顔は、

    舞台以上にキラキラ輝いていて、素敵でカッコいい女性でした。

    本気で生きてる、本物の人は羨ましいほどにカッコいい。

    いつかそんな風にカッコよく生きれたらいいなあ。

    category:日日雑感 | by:ぷ〜さんcomments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recent trackback
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM