阿吽

2019.01.25 Friday 22:21
0

    ”阿吽”か”以心伝心”か。

     

    時間を共有していると、少しずつ…。

    なんとなくお互いの気持ちが分かる瞬間がある。

    もしかしてそれは時間に比例するのかもしれない。

    昔は月曜日から日曜日まで、朝から晩まで一緒にいた。

    子どもたちは敏感に顧問の心を感じ、

    「やべぇ、怒らせたな」とか「今日はマズイな」とか。

    それと同じように、僕も子どもたちに敏感で、

    「今日は調子悪そうだな」とか「何かあったな」とか。

    言葉にしなくても、表情に出さなくても、隠していても。

    なぜか妙に敏感に分かってしまうことが多々あった。

     

    最近はクラブがあるとはいえ、一緒にいる時間は減り、

    毎日毎日のたった1時間程度の部活の重要さが身に染みる。

    気づいて欲しいことが、なかなか気づいてくれなくて、

    伝えたいことが、なかなか伝わらなくて、心が折れる。

    でもそれは同時に逆のことも言えるのだろうなとも思う。

    子どもたちの気づいてほしいこと、伝えたいことを

    ちゃんと受け取ることもできなくなっているのだろうって。

     

    監督と選手。どれだけ気持ちを近づけるか。

    category:日日雑感 | by:ぷ〜さんcomments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recent trackback
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM