祝!全豪OP優勝!大坂なおみ

2019.01.27 Sunday 21:38
0

    今週末もソフトテニス。世間の話題は硬式テニス。

    土曜日は恒例輪中ドーム。

    優勝は森と川STC。準優勝はWinMiとクラブチームが上位に。

    西尾張美和、東三河田原、西三河逢妻と愛知勢が続いて、

    京都神川、大阪西陵、岐阜糸貫とお世話になってる学校が集まった。

    日曜日は美和中卒業生の元全国出場選手が来てくれて、

    久しぶりのWinMi一日練習。基本練習が続く。

    気になるのは技術の低さではなく、

    できることをやらない意識の低さ。

    声出しの練習をすれば大きな声を出せるのに、

    練習や試合では同じ声が出せない。

    自分で打ったボールがネットしても拾えない。

    コートにボール落ちているのに平気で乱打をする。

    自分でたてた夢は諦めたくないと口では言うのに、

    ちょっと厳しいボール程度でとるのを諦める。

    自分のミスやペアのミス、相手の強烈なボールにイライラし、

    結局、自らミスを増やし、自滅のマイナスサイクルを繰り返す。

    …やはり、どこまでいってもメンタルだなあと思っていた頃。

     

    世間は「大阪なおみ全豪OP優勝!世界RANK1位!」のニュース。

    すごい!すごすぎる!昨年度末68位だった彼女にとって、

    2018年度は世界超一流の仲間入りを果たす成長の年。

    この1年で何があったのか…。勿論、技術の向上もあったのだろう。

    しかしそれ以上に彼女をのし上げたのは、メンタルのコントロール。

    今大会、自分のミスをしたあと大きく深呼吸し、

    心をコントロールしている彼女の姿を何度も何度も見た。

    世界RANK1位になる彼女でも、ポーカーフェイスなんかじゃなく、

    自分を落ち着かせようと必死なんだと、なんだか安心した。

    世界で1位になっても、やはり勝負を分けるのは自分の「心」。

    感情に自分が飲み込まれていけば、「負け」が待っていて、

    理性が自分をなだめれば、「勝ち」が待っている。

    試合に勝つのに必要なものは、熱い心に、冷静な頭。

    そのために腹から声を出すことで、自分を鼓舞し、

    落ち着かせるための大きな深呼吸して冷静にプレーに集中する。

    超一流のプロでさえそうであるなら、中学生ならなおさらだ。

    彼女のようなビックサーブを打てないし、身体能力もない。

    でも彼女がしたように取った得点に大きな声を出し、

    ミスをしたときに大きな深呼吸をすることなら真似はできる。

    できることを、しっかりやる。それがやっぱり大事なんです。

    さて。やるか、やらないか。それはあなた次第です。

    category:主催大会 | by:ぷ〜さんcomments(0)trackbacks(0)

    2019年01月26日の独り言

    2019.01.27 Sunday 03:30
    0
      22:16
      キラキラしてる人、キラッキラッしてる子はいつも夢の中を生きている。年中無休で夢を追いかけ、夢の中に生き、夢と共に過ごしている。そんな姿を「年中夢求」って言うんだって。 #書 #夢 #年中無休 #年中夢求 https://t.co/3uV1bmhA8s
      category:- | by:ぷ〜さん | - | -

      2019年01月25日の独り言

      2019.01.26 Saturday 03:30
      0
        22:23
        阿吽 | ぷ〜さんの独り言 https://t.co/TOynZh8z6i
        category:- | by:ぷ〜さん | - | -

        阿吽

        2019.01.25 Friday 22:21
        0

          ”阿吽”か”以心伝心”か。

           

          時間を共有していると、少しずつ…。

          なんとなくお互いの気持ちが分かる瞬間がある。

          もしかしてそれは時間に比例するのかもしれない。

          昔は月曜日から日曜日まで、朝から晩まで一緒にいた。

          子どもたちは敏感に顧問の心を感じ、

          「やべぇ、怒らせたな」とか「今日はマズイな」とか。

          それと同じように、僕も子どもたちに敏感で、

          「今日は調子悪そうだな」とか「何かあったな」とか。

          言葉にしなくても、表情に出さなくても、隠していても。

          なぜか妙に敏感に分かってしまうことが多々あった。

           

          最近はクラブがあるとはいえ、一緒にいる時間は減り、

          毎日毎日のたった1時間程度の部活の重要さが身に染みる。

          気づいて欲しいことが、なかなか気づいてくれなくて、

          伝えたいことが、なかなか伝わらなくて、心が折れる。

          でもそれは同時に逆のことも言えるのだろうなとも思う。

          子どもたちの気づいてほしいこと、伝えたいことを

          ちゃんと受け取ることもできなくなっているのだろうって。

           

          監督と選手。どれだけ気持ちを近づけるか。

          category:日日雑感 | by:ぷ〜さんcomments(0)trackbacks(0)

          2019年01月24日の独り言

          2019.01.25 Friday 03:30
          0
            19:53
            人生は正解のない無限ループの問題だ。だからこそ考えて、悩んで、そしてまた考えて。たどり着かない答えに一歩一歩前進する強さが必要だ。 ふと振り返ると自分の歩いてきた道が正解だったと気づくまで。 #書 #正解 #答えのない https://t.co/YoIqAhUBCr
            category:- | by:ぷ〜さん | - | -

            2019年01月23日の独り言

            2019.01.24 Thursday 03:30
            0
              21:53
              夢をつかむまで。〜池田一葉さん〜 https://t.co/Dv8p5iZIEP
              21:53
              夢をつかむまで。〜池田一葉さん〜 | ぷ〜さんの独り言 https://t.co/Dv8p5iI7Nh
              category:- | by:ぷ〜さん | - | -

              夢をつかむまで。〜池田一葉さん〜

              2019.01.23 Wednesday 21:51
              0

                人生はびっくりするくらい急展開に動き出すことがある。

                今年の1月2日、人生初のシルクドソレイユを嫁と見に行った。

                その世界最高峰のエンターテイメントショーに圧倒された。

                それから、かくかくしかじか…。

                1月14日にはキュリオスの舞台裏に招待して頂き、

                そして1月22日。夢のような企画が実現した。

                池田一葉さんが好意で美和中学校にて特別講演会をして頂いた。

                (キュリオス日本公演唯一の日本人パフォーマー「クララ役」)

                超多忙を極める中、貴重なお休みの日にボランティアで。

                 

                あの日、あの時、あの場所にいた子どもたちだけの特別な思い出。

                とても話し上手で、分かりやすく、心に響くお話でした。

                話の内容はあえて内緒です(笑)が、ひとつだけ。

                ハンバーガーとサンドウィッチの話。

                ある時、お腹をペコペコ減らした人が、

                どうしてもハンバーガーが食べたくて、

                探して探して街を歩き続けるが、

                結局ハンバーガー屋は見つからず、がっかりしていた時、

                そこにサンドウィッチ屋を見つけた。

                仕方なくサンドウィッチを食べることにしたが、

                そのサンドウィッチは今まで食べたことないくらい

                とても美味しいサンドウィッチだったって話。

                欲しいものを一生懸命、努力して追い求めていたら、

                ソレは手に入らないかもしれないけど、

                人生にとって大切な何かを見つけることができるって。

                この話を聞いたとき、以前同じように

                ボランティアで来ていただいた羽衣国際大学教授で

                タレントのにしゃんた氏が話してくれた

                「セレンディピティ」のことを思い出した。

                日本語でうまく訳せない偶然幸福発見能力とでも言おうか、

                なんだか一流の人間は同じことを感じてるんだなあって。

                 

                「行動する」ってことは人生が動くきっかけとなる。

                それが正解かどうかは、動いてみなければ分からないが、

                何もしないよりは、したほうがずっとマシだ。

                今回も僕の無謀な情熱が、人を巻き込んで現実となった。

                時に人に迷惑をかけたり、困らせたり、困ったり…。

                それでも勇気を出して行動することで、

                人生はびっくりするくらい急展開に動き出すことがある。

                 

                あの日、舞台でキラキラ輝いていたクララの素顔は、

                舞台以上にキラキラ輝いていて、素敵でカッコいい女性でした。

                本気で生きてる、本物の人は羨ましいほどにカッコいい。

                いつかそんな風にカッコよく生きれたらいいなあ。

                category:日日雑感 | by:ぷ〜さんcomments(0)trackbacks(0)

                2019年01月22日の独り言

                2019.01.23 Wednesday 03:30
                0
                  06:52
                  素直な頑固者で、マゾでナルシスト https://t.co/r118iwNSAy
                  06:52
                  素直な頑固者で、マゾでナルシスト | ぷ〜さんの独り言 https://t.co/r118iwNSAy
                  category:- | by:ぷ〜さん | - | -

                  2019年01月21日の独り言

                  2019.01.22 Tuesday 03:30
                  0
                    22:01
                    素直な頑固者で、マゾでナルシスト https://t.co/r118iwNSAy #jugem_blog
                    category:- | by:ぷ〜さん | - | -

                    素直な頑固者で、マゾでナルシスト

                    2019.01.21 Monday 22:01
                    0

                      第32回輪中ドーム強化研修会。

                      本当にホームかと思うくらい、使用させてもらってます。

                      全国的にインフルエンザが猛威を振るい、

                      研修大会や練習試合のキャンセルも致し方ない時期になり、

                      当研修会もその煽りを受けています。

                      しかし前々日にもかかわらず、参加をしてくれる

                      チームに救われながら、なんとか大会は運営できています。

                       

                      優勝したのは地元先輩クラブの森と川STC。

                      続いて京都から参加のWTC、わが美和STC。

                      静岡湖東も着実に成長してきていて、

                      京都神川のおもいっきりのよいプレーも健在。

                      仲良しの大阪SRC、岐阜神戸、そしてWinMi。

                       

                      万年ドベだった美和STCも少しずつ勝てるようになってきた。

                      毎年そうだが、同じ環境で、同じように練習しても

                      成長する者もいれば、なかなか成長できない者もいる。

                      どこにその差ができるんだろうか。

                      自分なりにその差を分析してみた。

                      「素直な頑固者で、マゾのナルシスト」

                      言葉だけとると誤解されかねないが…。

                      やはりよく言われることだが「素直」であることが一番。

                      教えられたことを真摯に受け取り、実践できる素直さ。

                      誰に何を教えられても一度は自分に取り入れるしなやかさ。

                      しかしながら、言われたことを鵜呑みにして

                      ただこなすだけの指示待ち人間ではダメで、

                      素直さの中にしっかりと芯をもち、周りに流されない

                      自分という人間に「頑固」な部分をもつ人間が伸びる。

                      苦しく頑張っている道のりを、ただ否定して、

                      逃げることだけを考えるような人間では成長できず

                      自分の成長だと言い換えれる「マゾ」的な要素をもっていて、

                      頑張っている自分を肯定できる「ナルシスト」。

                      今まで見てきた成長する人間の特徴を少し誇張して言えば、

                      そんな共通点をもっていたような気がする。

                       

                      やはり大切なことは上手いかどうかじゃなく、

                      上手くなれる人間かどうかってこと。

                      category:主催大会 | by:ぷ〜さんcomments(0)trackbacks(0)

                      Calender
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      2425262728  
                      << February 2019 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      Recent trackback
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM